11th 05 - 2016 | no comment »

あそこのにおいについて

あそこのにおいの原因とは

あそこのにおいの原因は、いくつかの理由が考えられます。食材でにんにく類の強烈な香りを持つ、刺激のある食材を食べたときもそうですし、体調が良くない時にはそういった傾向が強くなります。また、汗をたくさんかいた時も、強くなることはあります。女性の体はデリケートであるため、こうした症状は特別ではありません。発汗や毎月の月経の経血は、ビデで丁寧に洗い流すようにするといいです。体調の悪いことも人間にはありますから、自分の体を第一に考えて、ゆっくりと休息をとり、体調を良いものへ整えることはとても大切です。こうした簡単なケアをするだけでも、以外にもある程度は解消をするものですから、心がけてみましょう。女性の場合は月経時に、特に気になることが多くなります。月経の時にはサニタリーショーツを使用しますから、いつもの緩やかなショーツよりも、ボディへの締めつけは強くなります。これに加えてナプキンも使いますから、陰部は蒸れやすくなります。生理の経血には恥垢やタンパク質が含まれていて、こうしたもので雑菌も繁殖しやすくなります。生理のときにはナプキンを、こまめに交換するようにしましょう。サニタリーショーツにも種類があるので、コットン素材で通気性がいいショーツを着用するのも良いでしょう。

体質とともに病気も疑ってみること

あそこは通気性も良くないので、もともと蒸れやすいゾーンでもあります。あそこには通気性が良い素材の下着を利用したり、清潔を保つことを心がけるのが、とても大事な場所でもあります。そんな対策とともに、あそこのにおいが強いと感じたら、体質や病気なども少し疑ってみることです。今までよりもおりものの量が増加したり、ポロポロとカッテージチーズみたいな状態となったりしたら注意です。色も褐色っぽくなったり、黄色であったりと変化があったら、細菌や性感染症などの病気の可能性も出てきます。自己判断では終わらせないで、産婦人科などで診察をしてみることです。症状にもよりますが、比較的軽度の症状であれば、抗ヒスタミン配合のクリームなどで治療することができます。清潔を保つことは大事ですが、洗浄成分の強力なボディソープや石鹸で、洗いすぎるのも逆効果になります。陰部の皮膚は敏感ですから、刺激が強いことで皮膚に炎症を起こしてしむこともあります。皮膚には常在菌も存在しますから、それらを一緒に洗い流す可能性もあります。清潔のためにはデリケート部位専用で、洗浄成分のソフトなソープを使用して、泡立てて優しく洗うことです。

 

参考:気になるアソコの臭いにインクリアを使う頻度


あそこのにおい